Text Size :  A A A
|  Diary  |  Instagram  |  About  |  Papa's photo  |  Twitter  |  Facebook  |
Img_e296863388fa27ae8430b51a5cc4e483
Img_c5ebc892ff0f3f21fea9c099328b0ee5

さーさー、新学期です。

何日も前から「幼稚園こわいーーー」と泣いていた次男坊。

昨晩も泣いて泣いて、泣きながら寝て、今朝も泣いて、泣きながらの登園となりました。

夏休み、大好きな兄ちゃんや妹、父ちゃんや母ちゃんとたくさん一緒にいられたから皆と離れるのが寂しくて仕方ないらしく。

少しでも早く慣れてくれることを願います。


兄ちゃんと言えば、夏休み中盤から出始めた吃音。

何かストレスを感じると吃りが出てしまうため、原因は何なんだ?と心配しました。

それでも夏休み終盤に行った旅行でたくさんキラキラした顔が見れ、特に宿泊したホテルで出会った日本一のけん玉師の伊藤祐介さん (Click!) に惚れ込んだ兄ちゃん。

ワークショップにも積極的に参加して、何度失敗してもめげずにチャレンジする姿には成長を感じることもできました。

けん玉ショーを見る目が本当にキラキラと輝いていて、子供ってこんなにも素晴らしい表情をするんだなぁ〜と感動さえ覚えました。


そして旅行から帰ってくると、心配していた吃音もすっかり良くなり、母の心配をよそに元気いっぱい登園していきました。

兄ちゃんにも少なからず悩みはあるようで、それでも幼稚園生活も残りわずかなので少しでも多く楽しい思い出が作れるといいなーと思うところであります。

子供たちが笑顔いっぱいの日々を過ごせることを心から願う母ちゃんです。



母ちゃん
Img_5435eb7f428b5515b3e40d045b4d48c0
Img_28a5c703eb06460c6eddb5b2566bedcb

さーさー、楽しかった旅行を振り返りながらの現実逃避です。

今回の旅行の私の1番の目的は藤城清治美術館 (Click!) へ行くことでした。


本当は初日に行く予定が台風の影響で雨風がひどく、その日は諦めてホテルで遊ぶことに。

私の母だけが強行突破でひとり美術館へ向かったのですが、無事に帰って来られるのか本当にヒヤヒヤしました。


そして楽しみにしていた3日目。

憧れの場所へ着いたときから胸のワクワクが止まらず。

初めはそこまで乗り気じゃなかった兄ちゃんもすぐに藤城さんの魅力に引き込まれていきました。

バスの時間があるからと急ぎ足で見ていたのですが、せっかく子供がゆっくり見たがっているのにと思い直し、ゆっくり見直しました。


そうそう、ちょうど美術館へ行く日の朝、ホテルのフロントで我が家宛にあるスタッフさんからお手紙を頂きました。

前の晩にレストランで担当していたスタッフさんからでした。

兄ちゃんがプレゼントした折り鶴や、笑顔に癒されましたと手紙に書いてあり、そんな手紙を頂けて喜んだ兄ちゃんは、お返事を書くことに。

そこで藤城さんの絵はがきでお返事を書こうとなったのですが、素敵な絵はがきだらけで悩みまくる兄ちゃん。

「えぇーーーー、どうしようーーー。これもいいなぁーーー。あっ、これも素敵じゃない?!」

と、まるで女子のように悩み続ける姿は本当に可愛かったです。

結局、夏だから!!!と花火の絵はがきをチョイスしていました。


ホテルへ帰ってからは真剣にお返事を書き、明くる朝フロントのスタッフさんへ渡して欲しいと、目をキラキラさせながら託しました。



色々な出会いがあった今回の旅行。

けん玉名人にも、お手紙をくれたスタッフさんにも、また会いに行きたいなぁ〜と思う素敵な旅でした。

一期一会。

素晴らしい経験をできた子供たちの心にも何か刻めたかな〜と思う母ちゃんなのでした。



あっ!!!初日に台風の中出掛けていった母は、ちゃんと無事にホテルへ帰ってきました。笑




母ちゃん


Img_4c5a26921193116072c7d0a35202327b

先日、息子の幼稚園でお誕生日会がありました。

大太鼓をたたくんだー!!と張り切っていたけれど、登園当日は朝から「緊張する〜」とため息まじり。年長さんは学年全体でやるので、大勢の前で披露するとなるとさすがにナーバスになる息子。

25歳くらいまではそこまで人前で緊張することない母ちゃんだったけれど、むしろ人前に出ることが好きな母ちゃんだったけれど、子供が生まれてからというもの、何だか人前に出ることに緊張してしまうし、ましてや子供が緊張していると私までドキドキしてしまい、胃がキューっとなってしまう始末。笑


この日も壇上に立って子供の良いところを発表するということで、何日も前から何て言おうか悩んで、どうやって言ったら年長さんに伝わるか考えて、そんな不器用な母全快でした。


そして最後にお誕生日の子供たちからお母さんお父さんへお手紙を渡す時。

先生がピアノでいきものがかりの“ありがとう”をしっとりと弾き始め。。。

目隠ししながら息子の表情を見ていると、涙を堪えてる様子。

いやぁーーーこの感じ、私たちがダメなやつじゃーーーんと思いつつ、とうとう私も涙堪えきれず。

手紙を渡した息子は我慢できずに、わぁーーーーーと泣き崩れました。

そんな息子に釣られて母ちゃんも涙がぼろぼろ。


いつまでもこの優しい気持ちを大事にしていってほしいなーと思う母ちゃんなのでした。


泣き虫こうちゃん、強くなれ!!!と思いつつも、まだまだ可愛い我が子です。



母ちゃん