Text Size :  A A A
|  Diary  |  Instagram  |  About  |  Papa's photo  |  Twitter  |  Facebook  |
Img_950f0c4d1badf66a48e37bc9a19267cb

この写真。

叱っているようにしか見えない。

何か、監督が選手に喝入れてるような感じ。。。



ちょうど1ヶ月前、母ちゃんの誕生日に恐れ多いことながらお祝いをかねてディズニーシーへ家族で行ったときのこと。

着いたのが遅かったせいで、トイストーリーマニアのファストパスが取れず、乗りたかったーと入園早々泣く息子。

そんな息子を優しく「ねー、ママはお誕生日に怒りたくないし、楽しみたいから泣かないで・・・」ってなだめていたところ。

そう、優しくね。

でも、写真からそんな感じが伝わらず、思わず面白いな〜と思った1枚。

きっと目が隠れているからなんだろう。

いや、体勢もあるか。。。笑



ま、最後の最後で父ちゃんが頑張って並んでくれたおかげで、息子は大満足で終われた1日。

大人達は魂を吸い取られるくらい疲れが残りましたが、いい思い出になったお誕生日でした。


父ちゃん、あのときはありがとうね。笑



母ちゃん
Img_6141b3789d1ddd20c2db594b8957e693
Img_98d79dcd0bce6c56d67baa5e4258c386
Img_d03473a89c12684557a6b9872bf65553
Img_b99046c3020b334ada2b4389280be1b4
Img_0598db8301c158d8dd01ab0b969104e7
Img_d6a37dc2c2b31ce729a3dda25dd49f69
Img_1b75fa7efc11142dc4b647bd0a2bf987
Img_017877445bde5f326a6e0f89c7df76c8
Img_35580e4f21b3fa8955216729770dd678
忙しいを理由に、君との時間を取れずにいた。

来年から幼稚園へ行く君との時間は残りわずかなのかもしれない。

大変を理由に、カメラを持たない日々が続いていた。

今日は久しぶりに君だけにレンズを向けてみる。


ずいぶんと大きくなったけれど、まだむちむちしている手でシュワッチしてみる。

どんどん大きくなっていく足で、腕を振りながら走ってみる。

ほんの少しの時間だけど、大好きな電車を一緒に眺める。


おちゃらけた笑顔が可愛くて、おどけた動きが面白くて、君との時間は本当に楽しい。

限られた時間、ふたりの時間を大切にしよう。

またカメラを持ってお出かけしよう。



母ちゃん
Img_ada92b8716b99c5ed262a822020346b6
私は三児の母になった。

娘を妊娠していた頃は軽いマタニティーブルーになって、心暗い日々を送ったりもした。

娘を無事に出産してからは、育児に対して色々な悩みを抱えた。

兄ちゃんのこと、次男坊のこと。。。いや、子供に対する悩みではなくて、自分自身に対する悩みだったのかもしれない。

そんな中、娘とのお風呂の時間が1日の疲れを取ってくれる究極の癒しの時間だった。
いや、それは今でもなんだが。

仕事仕事と言いながら、子供との時間を取らずに、自分の時間も全くなく、何もかもに悲観的になりかけた。

でも、ふと思った。
子供と遊べるのも今しかないのではないか?
兄ちゃんが小学生になってしまったら、もうお友達とばかり遊ぶようになってしまうかも。。。

そう思ったら、急に1分1秒が惜しくなり、子供の時間をちゃんと作ろう!と思うようになった。
そうしたら、自然に私自身の悩みも何でもなくなり、心の凝りが取れたように軽くなった。

人は人。
私は私。
息子は息子。

それぞれ違った楽しみ方があって当たり前だし、そんな中で息子と楽しむ時間を作っていこうと思えるようになった。

そして午前中は次男坊との時間も作り、授乳のときくらいしか関わらない娘とは、ゆっくりお風呂で向かい合う。空いた時間に仕事をする。

毎日全力で向き合う。
そうやっていったら、私も少しは成長するだろうか。

子供たちと公園で遊ぶ楽しさをようやく得た私は、次の壁にぶち当たるまで全力で突き進みたいと思っている。



母ちゃん